学会賞/助成

助成

Subsidy

国際学術交流助成金

日本認知・行動療法学会では,会員の国際学術交流を支援するため,世界認知行動療法会議,ならびにアジア認知行動療法会議での発表助成を行っております。

2020年度 国際学術交流助成事業

日本認知・行動療法学会では,会員の国際学術交流を支援するため国際学会での発表助成を行っております。
本年度は,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の取り組みを踏まえまして,オンラインによる国際会議の発表について助成をすることに致しました。
皆様お誘い合わせの上,申請いただきますようお願い申し上げます。

1.助成対象学会

オンラインで実施される認知・行動療法に関連する国際会議

2.助成対象者の条件

申請時点で日本認知・行動療法学会に所属しており,上記の学会で筆頭著者として発表が採択されている方を対象といたします。
発表内容は,認知・行動療法に関わることであることが条件です。
口頭発表,ポスター発表,一般演題,シンポジウムなど発表の場や形式などは問いませんが,申請時に日本国内に居住していることが必要です。
他の研究資金との重複があっても申請できますが,研究資金のない方を優先させていただきます。

3.助成の額,助成対象者の義務など

助成金額は5万円とします。ただし,1件の発表について1名の助成とさせていただきます。
助成金額は助成対象者の銀行口座宛に振り込まれます。助成者に対しては,オンライン学会参加体験記を日本語にて報告していただきます。
なお,この内容は本学会ウェブページ等を通じて会員の皆様に周知していただく予定です。

4.助成申込み方法

助成申請書をダウンロードし,必要事項を記入していただき,審査に必要な資料を添付し,下記の住所宛に2020年12月31日必着にて郵送してください。

【必要書類】

  1. 国際学術交流助成事業交付申請書(本学会HPからダウンロード)
  2. 発表資格証明(発表受理メール,発表割当メール等)
  3. 発表抄録(英文)(著者が作成し提出した原稿ファイル等)
  4. 発表実績(ポスター発表,口頭発表のpptファイル等)
  5. オンライン学会参加体験記(本学会HPからダウンロード)

助成申請書と体験記はこちらをご使用ください

《助成申請書郵送先》

一般社団法人日本認知・行動療法学会
〒100-0003東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9F毎日学術フォーラム内

Email
TEL
03-6267-4550
Fax
03-6267-4555

5.選考および結果の発表方法

日本認知・行動療法学会の国際交流委員会の審議により助成対象者を決定し,2021年3月頃に対象者宛に通知いたします。
なお,選考結果は本学会ウェブページ上に掲載いたします。


日本の学会が主催の国際会議も含まれますが,英語での発表によるものに限ります。
所属機関配当,外部資金等,学会発表補助に充てられる資金すべてを含みます。
不採用の場合,お送りいただきました個人情報は本学会事務局が責任をもって破棄をいたします。
本助成にかかる全ての公表については,申請者が責任を持って共著者の許諾を得てください。


Reaserch result

2019年度
世界行動療法認知療法会議(WCBCT)派遣助成
研究成果公開

本年度の世界行動療法認知療法会議(WCBCT)派遣助成による研究成果を,以下の通り公開いたします(筆頭発表者のみアルファベット順に掲載しております)。
なお,発表内容へのご質問は発表者にお問い合わせください。

  1. What Kind of Mind Wandering Reflects the Risk of Mental Disorders: A Systematic Review.
    Siqing Guan, Waseda University, Japan
  2. Worry About Social and Interpersonal Problems Associated with Motivation for Psychotherapy Among Cancer Patients.
    Kanako Ichikura, Kitasato University, Japan
  3. The Effect of Reducing Implicit Approach Toward Foods on Eating Behavior.
    Marise Ishikawa, Waseda University, Japan
  4. Does the Use of Smartphone Applications to Encourage Flexible Execution of Stress Coping Enhance Effect of Cognitive Behavior Stress Management?
    Mikiko Kimura, Waseda University, Japan
  5. Effect of Functional Aspects of Fear of Evaluations on Social Anxiety Symptoms.
    Chihiro Moriishi, Waseda University, Japan
  6. Mindfulness and Cognitive Behavioral Therapy for Social Anxiety: A Pilot Study of University Students.
    Shota Noda, Musashino University and Tokyo Mindfulness Center, Japan
  7. Effects of a Teacher’s Behavior-Specific Praise on the Academic Engagement of a Child with Autism Spectrum Disorder in a General Education Classroom.
    Masako Tanabe, Kwansei Gakuin University, Japan
  8. Do Cognitive Behavior Therapy-Type Stress Management Techniques Improve Workers’ Productivity?: A Study Using Meta-Analysis.
    Ai Ueda, Waseda University, Japan
  9. Long-Term Effectiveness of Work-Focused Cognitive-Behavioral Group Therapy for Employees on Sick Leave Due to Depression - Focus on Difficulty in Returning to Work.
    Asuka Watanabe, Hyogo University of Teacher Education, Japan
  10. The Influence of Parental Cognitive Features on Child-Rearing Behavior.
    Haruna Yoshida, Waseda University, Japan
  11. The Effect of Mindfulness Interventions on the Parenting Stress of Mothers of Children with Developmental Disabilities.
    Mayuri Yoshioka, Kwansei Gakuin University, Japan