ご案内学会組織学会活動学会認定資格規則・申込書類関連情報トップページへ

各委員会の最新情報へ

編集委員会 教育・研修委員会 資格認定委員会 国際交流委員会 広報委員会 将来検討委員会


入会のご案内
トップページ > トピックス  > 海外最新情報&在外便り >  WCBCT in Boston体験記
WCBCT in Boston体験記


1.二度目のボストン
 成田空港からシカゴ経由でボストンへ.シカゴでちょっとしたトラブル(これを書いたら紙面におさまりきらないので残念だが割愛する)に見舞われたが,それもよい旅の思い出となった.筆者にとっては,2度目のボストンであった.一度目は,2003年に行動療法促進学会(AABT)に参加したときである.ハーバード大学,マサチューセッツ工科大学,ボストン美術館と学問の雰囲気漂うボストンにはいい印象を持っていた.

2.マインドフルネスと神経生物学的研究
 筆者は,今回のWCBCTは,いわゆる第三世代の認知行動療法の中核的要素であるマインドフルネスが,世界の潮流の中にどのように取り入れられているのかを知りたいと思っていた.また,脳科学や認知情報処理による認知行動療法の効果のメカニズムがどの程度明らかにされているのかに興味を持っていた.
 学会に先立って行われたワークショップでは,第三世代の筆頭にあげられる弁証法的行動療法で知られるMarsh Linehanのセッションに参加した.Linehanの実践からは徹底した受容の重要さを感じ取ることができた.Linehanはそれを認証(validation)よび,弁証法的行動療法の中核的概念に挙げている.衝動性の高い境界性人格障害の患者は,自己を認証することが困難であるため,それを学ぶ技法として「禅」が取り入られており,宗教としての要素を取り入れているわけではないことが強調されていた.
 学会中は,「Neurobiological Changes Associated with Mindfulness」,「Neurobiological Mechanisms」,「Neurocognitive training」といった神経生物学的観点からの認知行動療法の効果メカニズムを検証するセッションに参加した.認知行動療法が前頭葉を中心とした脳機能に変化を引き起こすことは広く知られているが,これらのセッションでは脳画像はもとよりDNAのデータまで扱われており,認知行動療法のメカニズムについて神経生物的観点からの検討が劇的に進んでいることを肌で感じることができた.

3.旅の思い出
 学会の楽しみは,最新の研究に触れることだけではない.その土地での観光や食事も大きな楽しみである.一番の思い出は,メジャーリーグ観戦である.ボストン大学から歩いて10分ほどのところに,Boston Red SoxのホームスタジアムのFenway Parkがある.幸運にもOakland Athleticsとのチケットを入手でき,観戦を心から楽しみにしていた.そして試合には,松坂大輔が先発し初回に失点はしたものの見事に逆転勝利を収めるという見応えある試合を観戦することができた.

4.WCBCTを振り返って
 WCBCTに参加し,マインドフルネスは認知行動療法の一要素として広く受け入れられているという印象を受けた.認知再構成法や社会的スキル訓練と同じように,認知行動療法の一技法として組み入れられている.また,神経生物学的観点からの研究成果を知るにつれ,認知行動療法の治療メカニズムが,認知内容の変容ではなく,脳機能の変容に拠るのではないかと感じるようになった.しかし,マインドフルネス認知療法の開発したSegelらが,そうした単純な機能変化だけでは治療効果はもたらされないと主張していることを知って,少し安心した.単純な脳機能の改善が治療効果をもたらすのではなく,認知行動療法による脳機能の改善が治療効果をもたらしているのだろう.

徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部
境 泉洋