ご案内学会組織学会活動学会認定資格規則・申込書類関連情報トップページへ

各委員会の最新情報へ

編集委員会 教育・研修委員会 資格認定委員会 国際交流委員会 広報委員会 将来検討委員会


入会のご案内
トップページ > トピックス  > 海外最新情報&在外便り >  5thACBTC報告書(宇田川詩帆)
5thACBTC報告書(宇田川詩帆)

 このたび,「The 5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference(以下,ACBTC)」(南京)にて助成していただき,2015年5月16日から17日までの2日間,中国の南京において開催されたACBTCにおいて,研究発表を行わせていただきましたのでご報告させていただきます。
 今回参加させていただいたACBTCでは,「I combined the procedures of interpretation bias modification training Effects of social skills training on students’ social anxiety」という内容でポスター発表をさせていただきました。本研究においては,従来,子どもの社交不安に対して行われている社会的スキル訓練に,認知的再体制化技法(以下,CR)または解釈バイアス修正訓練(以下,CBM)を追加することで,社交不安の低減にどのような影響をもたらすか,という点について検討いたしました。認知的側面にアプローチをするCRの実践においては,ワーキングメモリなどの認知資源が一定程度必要であることが示されおり,認知的な負荷が過度にかかるような状況においては,効果が減弱される可能性があることが考えられます。このような,認知的な負荷がかかりやすい個人差変数として,刺激を過度にネガティブにとらえたり,回避したりする罰への感受性が挙げられています。CRの実践においては,罰への感受性をもつ者は不安反応が生起しやすく,CRの効果が相対的に低くなる可能性が推察されます。一方で, CBMは,ネガティブな刺激ではなく,ニュートラルあるいはポジティブな刺激に対する認知処理を促進するという前提を有していることから,認知資源をそれほど必要としないとみなすことができると考えられます。したがって,一定程度の認知資源を必要とするCRに比べて,CBMにおいては社交不安の低減に対してより大きな効果をもたらすことが推測されます。  本研究においては,CRは,CBMに比べて,社交不安の低減において,罰への感受性が低い生徒に対しては有効である一方で,罰への感受性が高い生徒に対しては有効ではない可能性が示されました。したがって,子どもに対する認知行動的介入の適用に際しては子どものもつ個人差である罰への感受性を考慮したうえで,介入技法を選択することが必要である可能性が示唆されました。
 ポスター発表の時間には,会場に多くの方が訪れており,私の発表に耳を傾けて下さる方と意見交換をすることで,大変勉強をさせていただきました。発表内容について詳しく質問をして下さる方や,貴重なご示唆をくださる方などのお話から,普段とは違った視点から自分の研究について考える貴重な機会をいただきました。今回いただいたご意見を踏まえて,さらに自分の研究を発展させられるよう努めたいと思います。
 また,他の方のポスター発表や口頭発表を拝見させていただき,自分の興味のある子ども対象の研究や,その他様々な分野において最先端の研究に関する知見を得ることができました。初めて国際学会への参加をさせていただきましたが,他の国の方と研究の話題を共にすることで,今後の自分の研究活動に対する意識を高めることができました。
 ACBTCに参加させていただき,自分の発表をさせていただくことで,多くの先生方から貴重なご意見をいただきました。また,自身の研究に繋がる最新のテーマにも多く触れる機会をいただき,充実した時間を過ごさせていただきました。今回の大会参加に関しまして,「The 5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference(以下,ACBTC)(南京)にて助成の機会をいただき,誠にありがとうございました。いただいた機会を生かして,今後の研究活動に従事させていただきたいと思います。

早稲田大学大学院 人間科学研究科 修士課程2年
宇田川 詩帆