ご案内学会組織学会活動学会認定資格規則・申込書類関連情報トップページへ
トップページ > お知らせ > 「認知行動療法師」の資格認定制度の創設について

「認知行動療法師」の資格認定制度の創設について

一般社団法人 日本認知・行動療法学会
理事長 嶋田洋徳
 この度、一般社団法人 日本認知・行動療法学会は、国民の心の健康増進ならびに精神保健福祉施策の充実に資する社会貢献事業として、「認知行動療法師」の資格認定制度を創設することにいたしました。
認知行動療法は、うつ病や不安症、ストレス関連疾患をはじめとする多くの心の健康問題への精神心理的アプローチとして、その有効性が確認され、医療保健、教育、福祉、産業労働、司法犯罪分野等で広く普及するようになりました。
今後ますます認知行動療法への国民の期待が高まる中、認知行動療法を行う者の知識、技能、資質の質保証が重要な課題となっております。本学会では、認知行動療法の実践家に必要とされる基本的な知識、技能、資質に関するガイドラインを定め、それに基づく教育研修制度を整備し、一定のレベルに到達した者に「認知行動療法師」という資格を認定する制度を整備するとともに、有資格者の継続研修と実践力評価を行うことで、我が国の認知行動療法の質保証ならびにさらなる普及・発展に寄与していきたいと考えております。
「認知行動療法師」の資格認定制度の詳細は別紙資料をご参照ください。なお、本資格制度は、本学会の会員にとどまらず、対人援助に携わる各種専門職に開かれた資格制度といたします。
 各位におかれましては、関連各所にご周知いただければ幸いです。