ご案内学会組織学会活動学会認定資格規則・申込書類関連情報トップページへ
トップページ > 学会組織 > 公認心理師対応委員会 > 公認心理師対応委員会(2019年4月11日)

公認心理師対応委員会(2019年4月11日)

 →過去の情報一覧へ

 2018年―2020年期の委員長に就任しました鈴木伸一(早稲田大学)です。 公認心理師制度がスタートし、各大学・大学院では養成カリキュラムや現場実習の在り方など、手探りで進められているのが現状です。 このような状況の中、本委員会は、養成機関の連絡協議会である「公認心理養成大学教員連絡協議(公大協)」、および公認心理師職能団体である「公認心理師の会」と連携しながら、公認心理師養成の充実と公認心理師の質の向上に寄与する活動を行ってまいります。
 特に、認知行動療法は、心理療法の中核的な技法として位置づけられ、そのトレーニング・ガイドラインの策定が急務であります。 本員会はCBTトレーニング・ガイドライン策定委員会と連携し、認知行動療法トレーニングのミニマムエッセンシャルズの明確化とコンピテンス評価のためのツールの開発を重点課題として位置づけ、活動を行ってまいります。
 会員の皆様のご理解・ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

厚生労働省:公認心理師情報
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html