ご案内学会組織学会活動学会認定資格規則・申込書類関連情報トップページへ
トップページ > 学会認定資格 > 行動療法士について

行動療法士について

行動療法士とは

行動療法士とは、日本認知・行動療法学会資格認定委員会が行動療法士として必要な知識や技能を認定する資格です。
行動療法士の認定は「認定行動療法士」と「専門行動療法士」の2つに分けて行われています。
「認定行動療法士」は、行動療法に関して正確な知識等を持ち、それを臨床的に適用できることが資格認定の要件になります。 「専門行動療法士」は、行動療法について「専門的に」、すなわち、臨床的な成果について、行動療法以外の専門家に対しても、十分理解が得られるように説明できることが資格認定の要件になります。

行動療法士になるためには

行動療法士の資格を取得するには、まず日本認知・行動療法学会に入会する必要があります。

学会への入会方法 

学会事務局へ入会の申請を行います。原則として学会員2名の推薦が必要です。 また、行動療法士の資格には認定行動療法士と専門行動療法士の2つがあります。

認定行動療法士

認定行動療法士の資格認定には次のような規程があります。

  1. 日本認知・行動療法学会の会員歴が1年以上あること。
  2. 学会が主催する行動療法に関する研修を、延べ6時間以上受けていること。
  3. 学会で行動療法に関する研究発表を1回以上行っているか、1編以上公表していること。

専門行動療法士

専門行動療法士の資格認定には次のような規程があります。

  1. 日本認知・行動療法学会の会員歴が5年以上、あるいは認定行動療法士資格取得後2年以上あること。
  2. 学会が主催する行動療法に関する研修を、延べ30時間以上受けていること。
  3. 学会で研究発表を1回以上行っていること。
  4. 行動療法に関する研究論文を1編以上公表していること。

資格認定の審査は年1回です。

こちらも御覧下さい。