ご案内学会組織学会活動学会認定資格規則・申込書類関連情報トップページへ

各委員会の最新情報へ

編集委員会 教育・研修委員会 資格認定委員会 国際交流委員会 広報委員会 将来検討委員会


入会のご案内
トップページ > トピックス  > 海外最新情報&在外便り >  5thACBTC報告書(増田悠斗)
5thACBTC報告書(増田悠斗)

 このたび,日本認知・行動療法学会海外派遣助成をいただきまして,2015年5月15日から17日の期間に中国の南京で開催されましたThe 5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference(以下,5thACBTC)に参加し,研究発表を行わせていただきましたのでご報告申し上げます。南京は中国では猛暑で知られ,三大火炉(ボイラー)都市の一つにも数えられるそうですが,幸いにも大会期間中の気候はたいへん過ごしやすいものでした。
 私は,Oral presentationにおきまして “Effect of Exposure Techniques Using Different Stimulus Presentation Procedures on Social Anxiety”という題目で研究発表を行なってまいりました。この発表では,社交不安に対するエクスポージャーにおいて,暴露する刺激の脅威度を操作する手続きがその効果に及ぼす影響についての研究結果を報告いたしました。発表に際しては,中国の研究者の方とのやり取りもあり,コミュニケーションに苦労しながらも意見交換を行なう貴重な機会を得ました。私の拙い語学力にもかかわらず,熱心に聞いてくださり励ましのお言葉をいただいたことは,大きな励みとなりました。一方で,貴重な機会を最大限生かすためには,コミュニケーションスキルの向上が欠かせないことを痛感し,今後の課題といたしました。
 シンポジウムやポスターセッションにおきましては,グループ認知行動療法についての凝集性を中心とした最新の知見や,海外における臨床場面での認知行動療法の実践についての知見を得ることが出来ました。様々な環境,領域で活動されている研究者や臨床家の方々が一堂に集う国際学会においては,自身の研究に近い分野はもちろんのこと,日頃はついつい関わりが薄くなってしまう分野においても,最新の研究動向に触れることが出来ることが魅力の一つであると実感いたしました。
 短い期間ではございましたが,今回の5thACBTC参加を通じて,意義深い経験を積ませていただいたと存じます。今回の経験を糧に,今後も研究・臨床活動に取り組む所存でございます。
 この度は,5thACBTC海外派遣助成をいただきまして誠にありがとうございました。

早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程1年
増田 悠斗