ご案内学会組織学会活動学会認定資格規則・申込書類関連情報トップページへ
トップページ > 学会組織 > 将来検討委員会 > 将来検討委員会(2019年4月11日)

将来検討委員会(2019年4月11日)

→過去の情報一覧へ

 2018年―2020年期の委員長に就任しました鈴木伸一(早稲田大学)です。 公認心理師時代を迎え、我が国のメンタルヘルスも大きな変革期を迎えています。 なかでも認知行動療法に対する社会の期待が大きくなり、その基幹学会としての本学会の社会的責任も重いものになりつつあります。  将来検討員会では、このような社会的使命を見据えて、本役員期では委員の先生方とともに以下のような活動にむけた基盤づくりを検討してまいります。 いずれも本学会の将来にとって重要なテーマとなりますので、会員の皆様からのご意見もいただきながら、しっかりと進めてまいりたいと思います。 ご理解・ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

・CBTトレーニング・ガイドラインおよび認知行動療法師(仮称)認定制度の立案
・定款・規約等の改正すべき点の抽出と改正案の提案
・学会のダイバーシティーに関する取り組みの検討
・年次大会運営マニュアルの精緻化
・若手の学会運営参加を促進する取り組み